京都右京区唯一のブロードバンド予備校提携塾

今年も冬のスペシャルセミナー(無料!)やります!!

高校受験はどんなところに意識するべき??

 

高校受験には大きく分けて、

 

公立高校入試と私立高校入試があります。

 

多くの場合、専願・推薦・併願に関わらず、私立高校受験でまず合格されて、
受験される方は公立高校を受けるという流れになります。

 

昔は、
公立高校>私立高校という図式が成り立っていましたが、
最近は、コースや学校の特徴によっては、公立高校<私立高校という関係も成り立つようになってきました。

 

たとえば、公立高校であれば、
推薦入試や一般入試で大学を受けることになります。

 

私立の場合、提携校や附属校もあり、エスカレーター式に大学に上がれることや、
私立高校の普通科は人数分の推薦枠を持っており、推薦入試が受かりやすくなっています。

 

また、私立高校の特進コースは手厚いサポートがあり、
公立高校でも結局、予備校の費用がかかるならとはじめから私立高校の特進コースを受験される方も増えています。

 

お子さんの適性やご家庭の希望にあわせて、
池内塾では公立高校や私立高校、公平に情報を提供させていただいております。

 

進路の相談もきちんとされたい場合は、ぜひ、池内塾を頼りとしてください。

 

 


トップへ戻る