池内塾 ブロードバンド予備校 京都嵯峨

京都右京区唯一のブロードバンド予備校提携塾

今年も冬のスペシャルセミナー(無料!)やります!!

池内塾のブロードバンド予備校と他の予備校の違い【料金編】

※画像は国語の授業を担当されている講師の1人・宗先生になります。

 

料金は分割・一括選べます。

 

池内塾のブロードバンド予備校は、
他の予備校と違い、料金を決定した後、年度内に支払っていただく料金を、
分割にするか、一括にするか選ぶことができます。

 

もちろん、分割による手数料などは発生いたしません。

 

 

見積もりも出させていただきますし、
お客様ご自身が見積もりを出せるように、書式の整ったものをお渡しすることも可能です。

 

予備校費用は100〜200万するとお聞きになっている方もいると思います。

 

池内塾のブロードバンド予備校では、
必要な科目を必要なだけ受講することが可能です。

 

ぜひ、費用についてもご相談ください。

 

予算を決めて受講も可能。

 

多くの予備校は、
受講の講座はパックで決まっており、
50〜150万円くらいの範囲で受講する講座が決まっています。

 

池内塾のブロードバンド予備校では、
予算を決めていただいて、
たとえば、年30万でおさめたい。

 

などのご希望があれば、その中で受講する講座を決めていくことが可能です。

 

もちろん、受講できない分は生徒様ご自身で勉強していただくことになりますが、
市販の参考書などでおすすめのものを紹介させていただきます。

 

現在の大学受験は受験費用も高額になるため、
予備校の費用を抑えめにしたいという方はご相談くださいません。

 

入塾されたあとに、高額な夏期講習や秋期講習のパックなどを売りつけることもありません。

 

ただし、上位大学については各大学別の専用対策講座があり、
志望校によってはそちらをすすめさせていただくこともあります。

 

費用は大学によりますが、1大学13,750円(税込)〜27,500円(税込)となります。

 

あわせて、国公立大学の教科別2次対策講座もあり、こちらもご相談いただけたらと思います。

 

塾側から強制的に受講させることも、勝手に口座引き落としをかけることもいたしませんのでご安心ください。

 

 

自習室も利用可能で、追加料金は不要です。

 

池内塾のブロードバンド予備校では、
入塾の初回に、入塾金(プラスシステム登録料)として、16500円(税込)をいただきますが、
それ以降は、教室維持費など特にいただきません。

 

講座の受講料のみとなります。

 

 

追加料金は特になしで、
併設しております自習室を利用可能となります。

 

塾が開いている時間であれば、
いつでもご利用いただくことが可能となります。

 

 

人気の大学になりますと、
倍率は3〜5倍を超えていきます。

 

少しでも合格の確率を上げるには、予備校は不可欠かと思います。

 

でも、予備校は費用面で高額になりやすいですよね。

 

池内塾のブロードバンド予備校では、
地域の方が利用しやすいお値段で利用できるように、
費用についてはできる限り、ご希望に沿う形で授業が提供できるようにしております。

 

費用の相談はしにくい面もあるかと思いますが、
気軽にお申し付けくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 


トップへ戻る